豊富なシリコン実証済みIPライブラリ

SoCデザインチームにとって、実証済みIPへの依存度はこれまでになく高まっています。IPの選定と入手のプロセスは長くなりがちで、プロジェクト全体の期間に影響を与えかねません。Briteはこの問題に正面から取り組み、よく使われるシリコン実証済みIP (USB 2.0 PHY, DDR2/3/LPDDR2 I/O, DLLなど) を多数そろえたライブラリを開発しました。Briteのお客様はこのIPコアにすぐアクセスできます。プロジェクト全体のコストを削減できるだけでなく、潜在的なリスクも確実に軽減できます。

 

さらに、BriteはSMICのIPライブラリを使用する権利も持っています。SMICのライブラリは多数のカテゴリーに分かれていて、標準I/O, PLL, ADC, LVDSトランシーバなどが含まれています。BriteはSMICのデザインチームと共同で、お客様のニーズに合わせてIPをカスタマイズすることもできます。

 

BriteはシノプシスとIPのOEM契約を締結しているので、お客様はシノプシスのIPライブラリも入手しやすくなっています。同様にARMともIP OEM契約を結んでおり、Briteは顧客向けにCortexシリーズA・シリーズMの二次開発が可能です。このようにBriteのお客様はIPを素早く手に入れることができます。